小椋 佳 シクラメン の かほり。 布施明 シクラメンのかほり 歌詞

シクラメンのかほり

小椋 佳 シクラメン の かほり

布施が『』に本曲で出場したことがきっかけとなり大ヒットし、1975年の『』 と『』グランプリなど、年末の音楽番組・音楽賞の大型タイトルを総なめに獲得した。 布施明バージョンのオリジナルキーは確かEmの3カポだったと思うのですが、 カポ無しにして、イントロは布施明バージョン 歌は小椋佳バージョン この組み合わせでやると気持ちよく歌えます。 したがって、Kaoriが日常的な、あるいは親しい間柄の呼び方だったとすると、前述のメタファーは「シクラメンのかほり」ではなく、「シクラメンのかおり」とするのが自然です。 イントロがカッコイイ。 「シクラメンのかほり」も布施明のほうに魅かれました。 そうだとしたらかなり愛妻家ですね。

次の

シクラメンのかほり: 二木紘三のうた物語

小椋 佳 シクラメン の かほり

歌詞はこちらにあります。 人は見た目じゃないのだ、と! さんの存在じたいが「人は見た目じゃない」の証左になっているのです。 彼の存在を初めて知ったのは、当時勤めていた新大手町ビルのエレベーターホールで先輩が「すごくいいよ。 布施明のディナーショーと陽水のコンサートが夢でしたが果たせぬまま老いました。 その旧仮名(歴史的仮名遣い) ですが、これは基準をどの時代に置くかによってかなり違ってきます。 満を持して初めて公の場に登場したのがこの初コンサートだったわけですね。 真綿色したシクラメンほど 清しいものはない 出逢いの時の君のようです ためらいがちにかけた言葉に 驚いたようにふりむく君に 季節が頬をそめて 過ぎてゆきました うす紅色のシクラメンほど まぶしいものはない 恋する時の君のようです 木もれ陽あびた君を抱けば 淋しささえもおきざりにして 愛がいつのまにか 歩き始めました 疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう うす紫のシクラメンほど 淋しいものはない 後ろ姿の君のようです 暮れ惑う街の別れ道には シクラメンのかほり むなしくゆれて 季節が知らん顔して 過ぎてゆきました 疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく 呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう. そのうち、作者の夫人が佳穂里という名前だと知られるようになり、それなら『シクラメンのかほり』は実は「シクラメンの佳穂里」だろうということで、旧かな誤記問題は影を潜めました。

次の

シクラメンのかほり/小椋 佳の歌詞

小椋 佳 シクラメン の かほり

最近では2014年に「コンサート」をしたことが話題になりました。 一番前のテーブル席でりんごはもらい泣きしました。 正体は隠れ演歌ファン。 布施は今さらこんな古めかしいっぽい曲が売れるわけないと感じたが、やらが『シクラメンの方がいい』と判断したためリリースとなった。 だからいつ死んでも不思議じゃない。 佳穂里は、Kahoriが正式な呼び方、すなわち命名時の呼び方だったとしても、日常的にはKaoriと呼ばれていた/いるのではないでしょうか。

次の

シクラメンのかほりの歌詞・楽曲情報

小椋 佳 シクラメン の かほり

。 小椋佳はある女性に向けて『シクラメンのかほり』を作っていたのでした。 父のような年配のおじさんが何度となくカラオケで「夢芝居」を歌っていた頃はどうしようもなく「クサイ曲」だったのですが......。 だから、もちろん『』はずっとさんのバージョンが好きだったのです。 小椋さんの詩には時に唐突な印象の描写もありますが、さだまさしさんとともに、美しい日本語を後世に残して欲しい詩人の一人です。 」 この気持ちは、歌の中では次の言葉の中に表されています。

次の

小椋佳『シクラメンのかほり』の秘話を知ると好感度も名曲度もアップするよ

小椋 佳 シクラメン の かほり

奥様のことは知りませんでしたがそれならこの歌はやはり「かほり」でなくてはならないでしょう。 だいぶ前にがんだったと思いますが、凄く痩せて痛々しかったのですが、最近はすっかり元に戻って安心しました。 。 つまり、小椋佳氏はシクラメンを奥様になぞらえて歌にしていたのです。 人間として老衰したようなものです」 小椋の音楽活動は東大法学部在学中に遡る。

次の

シクラメンのかほりの歌詞・楽曲情報

小椋 佳 シクラメン の かほり

シクラメン=君 なんです。 素敵ですよね。 体がいうことをきかなくてヨロヨロしています。 ただ、「かほり」に香りのニュアンスを持たせたとすると、まちがいが1つ出てきます。 何を隠そう昨年は大枚はたいて福田こうへいのディナーショーに3回。 投稿: すうちゃん 2010年6月17日 木 18時00分 一般に、この歌は恋する心を歌ったものと解釈されています。 二木先生にはいつか取り上げて頂きたいものです。

次の