インテル ミラノ。 インテル・ミラノ

ネラッズーロ2009

インテル ミラノ

スペイン [6月30日 17:44]• () 1969-70• しかし、同年にベニテスはリーグ戦での成績不振を理由に解任され 、前監督のが監督に就任。 と言うよりイタリア人自体、今回引退を発表したトルドに前回大会のもう1人の主役であるマテ兄貴と数名の若手しかいない。 インテルに移籍してからインテルは4連覇。 それでも第24節の戦で勝ち星を取り戻すと復調を見せUEFAチャンピオンズリーグ出場権争いに復帰。 オーナーのモラッティはあんなにチームにお金と愛情を注いでいるのにファンに愛されていない。 その頃、インテルユースから超新星が誕生した。

次の

インテルナツィオナーレ・ミラノ

インテル ミラノ

もちろん違う数字、違う背番号でも応用が可能。 選手名 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- No. 「モラッティ帰れ」の横断幕は記憶に新しい所。 。 ちなみに、パンデフはは冬の移籍市場で加入しましたが、それ以前はバロテッリが右ウイングのような形で入ってました。 スペイン [6月30日 9:05]• 現在でも、・ミラノとACミランは激しいライバル関係にある。 ただ左サイドはルーマニア代表のキヴが張っているので、いきなりレギュラーかと言われれば少し厳しいと思う。

次の

インテルミラノの詳細とホームスタジアムの行き方・チケットの買い方

インテル ミラノ

でも購入可能。 選手名 7 11 12 No. ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. そのなかで、3ポイントに集中しないといけない」 「ダービーはその都市のチームであることを誇れる権利もかかっているから、さらに難しい戦いになってくる。 同ユニフォームはnike. しかし、2016年1月11日の戦での敗北以降、失速。 ピオリ就任後は上昇傾向にあったものの、最後に大きく崩れ7位に終わり、欧州カップ戦の出場権を逃した。 :1回• スペイン [6月30日 8:41]• 05 5位 サミール・ハンダノビッチ 6. ジダンに頭突きをさせたマテ兄貴(一部で兄貴)ことマルコ・マテラッツィが所属しているのがインテル。 しかし、ユヴェントスとのイタリア・ダービーでは、ユヴェントス優位の判定が行われ、後味の悪さを残しながらチームは敗れた。 2008-09 2009-10CL決勝で2得点を挙げた 2008年6月、が監督に就任。

次の

インテル・ミラノ

インテル ミラノ

そして1986年、ペッレグリーニ会長はユーヴェに黄金時代を築いた監督を招聘し、インテルの復活を託す。 スペイン [6月29日 18:12]• 1994-95 1994-95シーズン、に最初のタイトルを持ってきたを招聘して立て直しを図ったものの、期待されたベルカンプ、はシーズンを通して活躍せず、一時はトップとは大きく離れた2桁順位にまで低迷する。 その後フライッツォーリ会長は1984年に"フィアットの従業員"と揶揄されたエルネスト・ペッレグリーニに会長職を譲る。 そしてを皮切りに、毎年のように多額の移籍金でスター選手を買い漁り、チームを強化し、何度も監督の首をすげ替えてきたが、これが実を結んだのが1997-98シーズンであった。 8 2016. 関連項目 [ ]. 2010年はトヨタ・クラブワールドカップを制し、クラブチーム世界1位となった。

次の

ネラッズーロ2009

インテル ミラノ

最初は現在のの監督であるカペッロが有力っぽい噂が流れていたけど、なんとリバプールのラファエル・ベニテスに決まりそうとか何とか。 との対戦は 、ACミランとの対戦はと呼ばれ、国内外の関心を集めるビッグマッチとなっている。 前会長のマッシモ・モラッティは名誉会長に就任。 勝ち点差で比べると、19ポイントもの開きがあり、インテル優位の見方も強いが、ミランもここ公式戦7試合無敗を継続しており、気を抜けない一戦となる。 1-2011. () 1948• 2006-2010にはリーグを5連覇し、リーグ記録に並んだ。 埼玉には行ったことがある。 7年ぶり出場となったCLはグループステージで、、と同グループとなった。

次の

★インテル

インテル ミラノ

実は隠れたプレースキックの名手でもあり、CBでありながらシーズン12得点を記録した事がある。 近年は監督の起用法や怪我に悩まされ続け本人もファンももどかしい日々を過ごしている。 そして、彼らの抗議により、1932年クラブ名はアンブロシアーナ・インテル Ambrosiana-Inter となり、ユニフォームも元に戻され、辛くも"INTER"の名と青と黒の縦縞の伝統は守られた。 ドリブルが巧く、シュートも正確で、テクニックも抜群。 そして1955年、後に伝説となる石油王アンジェロ・モラッティが会長に就任する。

次の

FCインテルナツィオナーレ・ミラノとナイキが来季新ホームユニフォームを発表

インテル ミラノ

ちなみに3人とも代表チームではキャプテンでした、確か。 () 1955• その後、契約期間終了でインテルを去る事に。 スペイン [6月30日 8:56]• 勢いは止まらず1937-38シーズンにも彼の活躍で4回目のスクデットを獲得、翌シーズンには初のを獲得した。 まぁ活躍してくれれば何よりだけど。 最終的にUEFAチャンピオンズリーグ予備予選出場を賭けたパルマとのプレーオフでは、の活躍のおかげでリッピの首の皮が繋がったという有り様であった。

次の