外壁 塗装 ペンキ の 種類。 下塗り塗料(シーラー、プライマー、フィラー)の違いと重要性|外壁塗装110番

外壁塗装の塗料の種類~カテゴリー・グレード・付加機能について~

外壁 塗装 ペンキ の 種類

この紫外線や雨などの外的要因に対抗する力を「耐候性」と呼びますが、この耐候性は外壁や屋根を保護するためには欠かせない機能です。 外壁塗装の色選びについて詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。 比較的安価で、バランスがとれています。 ただし、不純物である艶消し添加剤を混入することで、塗料の基本性能が落ちる可能性もあるため、デザインへのこだわりがなければ、艶有りが無難である 種類 光沢度 耐久性 特徴 艶有り 70~ 高 一般的な塗料、艶が強め 7分艶・5分艶・3分艶 6~69 中 高級感 艶消し ~5 低 控えめな仕上がり こちらは、読んで字のごとく、「ピカピカした仕上がりになるかどうか」の違いなのですが、外壁の見栄えを大きく左右するため、読者の方々にとっては非常に重要な分類かと思います。 下塗りを行わずに、塗装をしてしまうとどうなるかと言いますと、塗料が外壁にくっつきませんのですぐに塗料が剥がれてしまいます。

次の

外壁塗装にはどんな種類がある!?塗料の種類と特徴や選び方

外壁 塗装 ペンキ の 種類

塗料の価格と耐久性の関係を、わかりやすく図にしてみました。 外壁塗装の種類2:塗装工法について 外壁塗装の種類で知っておきた2つ目は塗装工法についてです。 艶消し外壁用の専用塗料は、今のところシリコン系しかありません。 たとえば、現在の日本の戸建てで圧倒的なシェア率を誇る窯業系サイディングの耐久年数は30~40年ですが、大きな欠点は防水性のなさです。 ただし、最近は、特に耐久性において、水性塗料と油性塗料の差は縮まっている 種類 概要 ・太陽光による劣化を引き起こす物質を抑制することができる ・ラジカル制御型塗料の耐久性は12~15年と長く、グレードで言えば、シリコンとフッ素の間にある塗料として、近年注目を集めている ・シリコンと同じくらいの2,500円~3,000円程度で購入できる ・二酸化炭素などの窒素酸化物を除去し、緑地と同程度の空気清浄効果を持つ ・その他、酸化チタンによる自浄効果をもつなど高機能な塗料の為、シリコンの2倍程度と高価格 ・反面、耐久年数は20年程度と、かなり長い ・石やレンガ、ガラスといった炭素を含まない無機物からできている塗料 ・紫外線で劣化しないという無機物の特徴を生かし、「半永久的に耐久出来る」とも言われている /断熱塗料 ・遮熱塗料と断熱塗料は、どちらも太陽熱を遮断することで室内の温度上昇を防ぎ、省エネやCO2削減に役立つ塗料 - 遮熱塗料:太陽光の赤外線を高効率で反射して、屋内の温度上昇を抑える - 断熱塗料:貸与意向を建物内部に伝わりにくくすることによって室温の上昇を抑える ・夏前の外壁塗装のほか、熱気のこもりやすい工場の屋根などに利用されることが多い もちろん、これらの種類について、全部覚える必要はありません。 「屋根は水谷しか使わない」という職人さんもいます。 この分類は塗料の 【樹脂の種類】 によるグレード分けですが、実際の塗料の分類はこのグレードの差だけでは決められないからです。

次の

外壁の汚れの落とし方|汚れの原因・種類・防止

外壁 塗装 ペンキ の 種類

劣化の状況や前回の塗料などに合わせて選びます。 ローラーのなかには継ぎ足し棒を使い、長くできる製品もありますが、それにも限度があります。 遮熱塗料は、夏の温度上昇対策に効果がある(冬場に寒くなってしまうことは無い)• 住宅環境や耐候性などを考慮して、必要な場合は機能に優れた塗料を選びましょう。 外壁塗装の一番の目的は建物の耐久性を高めることです。 木造外壁も、よい塗装をすることは可能です。 防水シート(水の侵入を防ぐシート)• 5~10年に一度のコーキングを行う• 何を優先するのかを決めて選びましょう。

次の

外壁塗装の種類で1番人気がある塗料はどれ?

外壁 塗装 ペンキ の 種類

日本ペイントの最大の特色は、取り扱っている塗料の種類が幅広いため、それを使用する塗装業者を選ばないということです。 最近の溶剤系の塗料は、環境に優しい弱溶剤系が多く使われるようになっています。 適切な塗料を選べるように、代表的な塗料の特徴を解説します。 微弾性フィラー ・シーラーとフィラーの機能を併せ持つ。 外観を美しくするだけでなく、対象物の保護や機能を付与する役割を持ちます。 また塗装を初めて行う場合、塗料だけでなく塗装に使う道具代として、別途4~10万円程度が必要です。 それぞれ特徴が異なり、どのペンキを選ぶかであなたの大切な家をどのくらい守ることができるかも決まります。

次の

外壁の汚れの落とし方|汚れの原因・種類・防止

外壁 塗装 ペンキ の 種類

グレードによって効果や機能に差がありますが約10年間は外壁や屋根の表面を保護できるものばかりです。 これらの成分は、塗料の塗布~乾燥後に「固形になるか、蒸発してなくなるか」という点で、大きく2つの部分に分けることができます。 外壁の状況はお住まいによって様々ですので、その状況に見合った塗料を選ぶ必要があるのです。 塗料の色の選び方とそのポイント 外壁塗装をする際には塗料の色の選び方やポイントを確認しておきましょう。 希釈が必要で、希釈後はしっかりと混ぜ合わせる必要があります。

次の

外壁塗装に使用される塗料の種類と特徴(種類別単価と耐久年数)|外壁塗装110番|外壁塗装110番

外壁 塗装 ペンキ の 種類

あまりにキツい臭いがするため、外部塗装で油性塗料を使っていると、近隣からのクレーム等がきてしまうこともあったりと、周囲の環境に配慮する必要がある場合もあります。 目立って気になるような修繕箇所はあるか• ステインを塗ると塗料は表面にとどまらず、木材の内部に染み込みます。 3社から見積もりを取得した際に、1社だけ価格が大きく違った場合は残り2社から依頼先を選ぶようにしましょう。 まずは刷毛を使用して角や入り隅部分など、細かい箇所を塗っていきます。 塗料は耐候性に優れています 塗料とペンキの大きな違いとして「対候性の高さ」が挙げられます。 このなかでは高圧洗浄機の費用が高く、3~7万円程度が必要となります。

次の