ポケカ タクティクス。 オルタージェネシス 収録カードリストと評価 通販予約情報

タッグオールスターズ環境考察(全文無料)|ポケカタクティクス!|note

ポケカ タクティクス

スターター・ミラクルツインともにかなり強力。 先攻でサポートを使える最後の環境 タッグオールスターズは先日のレギュレーション改訂前の最後の環境であり、今回のレギュレーションの結論を決める戦いになるといっても過言ではない。 《ヤレユータン》の特性 『さるぢえ』によって、手札のエネルギーをデッキの上に置き、《Nの覚悟》で確実にエネルギーを付ける動きをしていきます。 ついでのように面倒なサイドの把握もすることが出来ます。 5点 トリプル加速で動ける闘ポケモン ガードプレスはこの手のワザでは珍しく80とそこそこの打点が出る また、エネルギーは重めだが地震も強力なワザだ。

次の

プレイヤーズセレモニー採用型レインボーパーフェクション|ポケカタクティクス!|note

ポケカ タクティクス

まとめ 今回は《ソーナンスV》について書いていきました。 やっぱ《ヤレユータン》つえぇ・・・。 マオ&スイレンは「ポケモンいれかえ」でももちろん可。 更に、《げんきのハチマキ》を付ければ《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》をも倒すことが可能です。 シロナ&カトレア• 実際、ミュウ&ミュウツーGXは環境に影響を与えるほど強力で、さらにヤミラミ&バンギラスGXやブラッキー・エーフィスターターなどもかなり強力。

次の

もっち*のポケカブログ デッキ集

ポケカ タクティクス

さらに超タイプ、たねポケモンのためミステリートレジャーやネストボールなど様々なサーチカードに対応し使いやすい。 仮想敵として間違いなく練習しておいたほうがいいデッキです。 軸としてデッキを組む価値が十分にあるポケモンといえる。 とを合わせたデッキでタッグチームに対して無類の強さを誇る。 デッキのカスタマイズ性能も高く、アクジキング&アーゴヨンGXすら採用が予想されます。

次の

レジロックV+シルヴァディGX デッキ

ポケカ タクティクス

その後は「オンバーンGX」か「ソルガレオGX」のワザを使って攻撃していく。 主な採用デッキはやはりルガルガンゾロアークデッキであろう。 追加効果が狙えるなら、《ジラーチ》を始めとした「非ポケモンGX・V」もまとめて倒し、サイドを3枚貰っていきましょう。 《タチフサグマ》のHPは160なので、『ふんばりがえし』の一撃で沈みます。 ズガドーンGXやフライゴンGXなどGXデッキにも注目! とはいえここで紹介したカードはほんの一部に過ぎず、前回は目立てなかったもののひそかに注目されていたフライゴンGXなどダークホース的デッキはまだまだ存在する。 フライゴンGX カード評価 7. さらに混沌のうねりの採用によって無人発電所の対策どころか、相手のミュウツー&ミュウGXのトキワ展開すら許さない。 またエネ要求のわりに非GXたねポケモンなため場持ちが悪い。

次の

【非GXV】火の玉サーカスズガドーンデッキ シティリーグ大阪準優勝

ポケカ タクティクス

キュウコンVのカードテキスト HP 200 炎タイプ 炎無無 きゅうびへんげ 相手のバトルポケモンが持っているワザを1つ選び、このワザとして使う。 その他、レッド&グリーンとマニューラGXのコンボなども考えられる。 「高くならないうちに早めにカードを必要枚数買っておこうという趣旨の記事です。 「しんあいのはどう」はタッグサポートを使っていれば160打点が出せる。 エンド発売日に浅井のスタンプについて話している人がいてラッシュアップでした。

次の

タッグオールスターズ環境考察(全文無料)|ポケカタクティクス!|note

ポケカ タクティクス

しかしデメリット特性をもっており、本来は終盤でしか動けない。 メイなどでサーチしよう。 GXポケモンを手札消費なくサーチできる点が強力。 ベイビィタッグやオーロットヨノワールが新たな風を吹き込むか オーロット&ヨノワールGX オーロット&ヨノワールGXは弱点が悪タイプなため、相手の場にジラーチGXがいない場合は一方的に弱点をつくことができる。 スペネク・ウルネク混合型なども存在しているため、不意のウルトラネクロズマGXに注意を払う必要があります。

次の